SNSというもの

以前のマーケティングでは「AIDMA(アイドマ)」を基本としていました。 これは、購入までに消費者が取る行動をまとめたもので、Attention(認知)、 Interest(興味)、 Desire(欲求)、 Memory(記憶)、 Action(購入)の頭文字です。 昨今では少し変わってきています。

ユーザーや機能が様々なSNS

買い物をする際にSNSを参考にする方は半数以上にも増えています。 今や、宣伝ツールとしてSNSは避けては通れないツールとなっています。 SNSと一口にいっても、ユーザー層や機能は様々です。 集客に活用する場合でも、SNSの特徴を理解して、ターゲットとするユーザー層に有っているものを選ぶ必要があります。

SNSを運用する時に気を付けたいこと

リアルな友人よりも、もっと多くの人と繋がることができるSNS。 注目を集めたり、コミュニケーションを取りやすいというメリットがある中で、運用の際に注意すべき点もあります。 ネット上で、発言も拡散も容易であるツールであるからこそ、配慮が非常に重要なのです。

集客に必要なこと

SNSとはSocial Networking Serviceの略です。
インターネット上で社会的な交流を行い、ネットワークを構築する事を指します。
コミュニケーションツールとして、友達の間だけでなく、仕事上でも連絡ツールとして活用している方も多い事でしょう。
スマートフォンの普及が、SNSの利用者の増加に拍車をかけ、今や、日本人の8割が何らかのSNSを利用しているのです。

では、どうしてそこまでSNSは支持されているのでしょうか。

一つには、情報発信がし易いという点です。
必ずしも自分から発信せずとも、他の方の発言に対して「イイネ」ボタンを押すだけでも交流することができます。
自分から発信する時に、写真を添付したい場合でも、スマホで撮影して、そのままアップロードすることができるのでとても使い勝手が良いのも普及している理由でしょう。
また、情報収集のしやすさも理由の一つです。
情報発信がしやすいため、テレビや新聞よりも情報の伝達スピードが速い場合があります。
テレビや新聞の様な既存のメディアでさえ、SNSのいち個人の発信を採用するケースも増えています。
そして、発信した情報が、受け取った個人によって、その人の持つネットワークの中に再発進され、どんどん拡散されていきます。
良い情報であっても、悪い情報であっても、です。
情報の収集、情報の発信には欠かせないツールであることは間違いないですね。
この様な特徴を持つSNSですから、当然のごとくビジネスの上でも活用されています。
SNSを実際に集客に使用することを考えた時、どの様な使い方ができるのでしょうか。
また、その注意点は?
集客に使用する際のポイントについてまとめてみました。