>

ユーザーや機能が様々なSNS

SNSのユーザー数

数あるSNSの中でも、人気の高い物の中には、利用者の年齢層が偏っているものもあります。
例えば、日本国内で最も月間ユーザー数が多いのはLINEです。
連絡用のコミュニケーションツールとして、ビジネスシーンでも多く用いられ、月間ユーザー数は8300万人、利用層は20~50代と非常に広い層の間で使用されています。
ショートメッセージでコミュニケーションが計れるTwitterは月間ユーザー数は4500万人。
20代が7割を占め、圧倒的な支持を得ています。
写真や動画の投稿がメインのInstagramは月間ユーザーが3300万人で、20~30代女性に人気が高いSNSです。
Instagramの親会社Facebookは世界で最もユーザーの多いSNSですが、日本のユーザーは2600万人。
30~40代と、比較的高めのユーザーが多いのが特徴です。

メジャーSNSの特徴

Twitterは時系列で投稿が並びます。
古い情報はどんどん奥に行ってしまうため、新しい情報のこまめな発信が必要です。
リツイートされることで、スピーディーに情報が拡散される特徴があります。
FacebookはTwitterと異なり、経過時間だけでなく、内容の充実も表示順序の決め手になるため、定期的に投稿すると共に、ユーザーの属性とリンクした内容であることも大切です。
Facebookを親会社に持つInstagramも、同様に内容の質や関連性の高さに注意を払う必要がありますが、「インスタ映え」という言葉に象徴されるように、動画や画像の魅せ方が重要になってくるSNSです。
LINEは、上記3つとは異なる「プッシュ型」SNSです。
一度友達登録してもらうと、送信する側(企業側)で定期的にメッセージを送ることができます。
顧客に定期的なセールのお知らせや割引情報などをピンポイントで送ることができるのです。


この記事をシェアする