>

SNSを運用する時に気を付けたいこと

継続的に運営することが大切

SNSは様々なものがあり、特徴も様々です。
複数のSNSに投稿していく事も大切ですが、一度に多くのSNSに手を広げてしまうと、こまめな対応ができなくなってしまう事もあります。
始める前に、広めたい情報の酒類やターゲットなどを絞り、優先順位をつけるようにする方が賢明です。
コミュニケーションツールなので、初めてすぐに効果が見込めることは少ないので、ユーザーとの絆を深めていくことに注力するようにしましょう。
また、気軽に発言できるツールのため、うっかり失言してしまう可能性があります。
炎上しやすい様なデリケートな話題は避け、投稿前には読み返し、問題になるような部分が無いかをチェックします。
後から削除しても、ユーザーの方でスクリーンショットが取られていて、発信者側で気が付かない所で美男されてしまう可能性もあるのです。

共感が得やすい内容

SNSで発言する際、あまり宣伝色が強いと、ユーザーに避けられる傾向があります。
新聞の折り込み広告とは買い、コミュニケーションを撮ることで、信頼関係を勝ち取っていき、商品のニーズを掘り起こす、といった用途で運用されることが望ましいツールです。
ユーザーが興味を持ち、共感してもらえるような内容を数多く発言することで、お店や企業、あるいは商品への認知度を上げたり、親近感を持ってももらう事ができます。
例えば、美容室の場合、様々なヘアスタイルの写真やカット動画を投稿し、ユーザーに「こんな髪型にしてみたい」と感じさせるような構成にする、などです。
そういった面では、企業としての発信よりも、店長や従業員など、具体的な個人の発言として行っていく方が、ユーザーを引き込みやすい様です。


この記事をシェアする